印刷

目の輝きが大切だ!(291212)

目の輝きが大切だ!
 
先週の8日(金)から、各部活動の部長(キャプテン)との面談を始めた。本校には部・同好会を合わせて32の部がある。すべての部の部長と終業式までに面談を終わらせる予定だ。
今日まで8つの部の部長と面談が終わったが、どの部の部長も話し方、考え方、そして表情(目の輝き)とどれをとっても実にしっかりとした生徒ばかりである。さすが清瀬高校の部活動を支える部長たちである。
そのなかで写真部の部長と話をした。写真部といえば本校の看板部活動の一つである。今現在最大の悩みは1年生が1名、2年生が1名と3年生が卒業すると2名になること。何とか新入生を入れてもっと活発に活動できるようにしたいと意気込んでいた。
その部長が今朝(12日)、12月17日(日)から開催される、「第40回東京都高等学校文化祭写真部中央大会」に出品する7枚の写真を持って校長室を訪ねてくれた。私から見ると、どの写真も感動できる素晴らしい作品だと感じた。部長はそれぞれの作品について説明をしてくれた。その説明を聞き、撮った人の思いや撮り方の工夫等、表面的には見えない部分まで理解するとより感動が増す。そんな説明の中で、ちょっと勉強になったことがあった。それは、人物を撮る場合は「目に光があると表情が生きる」ということを教えられたことだ。
そうか、やっぱり生きている人間の表情も写真の表情も目の輝きが最も大切なんだ。




 

〒204-0022 東京都清瀬市松山3-1-56(最寄駅:西武池袋線 清瀬駅徒歩7分)
電話 : 042-492-3500 ファクシミリ : 042-491-9491
アクセス