印刷

部活動応援日記(300507)

部活動応援日記(300507)


5月4日(金)
女子ソフトテニス部の応援に東京家政大付属高校に行く。
朝、久しぶりに十条駅に降り立つ。最初に勤めた赤羽商業高校へはこの駅で降りて、またバスに乗り換え通勤していた。2年間利用した懐かしい駅である。思わず駅の周辺をぶらぶら。けっこう周辺のお店は変わっていた。
試合会場に到着すると選手はウォーミングアップをしていたので、一言「頑張れよ」と伝える。初戦は昭和高校。1勝1敗で迎えた3試合目も息詰まる大熱戦。どちらが勝ってもおかしくない展開だったが、最後まで気持ちが切れなかった谷岡・日沼ペアは勝ち切った。続く試合はベスト4をかけた試合。勝てば関東大会出場が決まる。相手は拓大一校。これまた3試合目までもつれる大熱戦だったが、見事に勝利し団体戦での関東大会出場を決めた。続く準決勝では文大杉並に敗れてしまったが、練習してきた成果を十分に発揮できたのであろう。おめでとう。よく頑張った。たくさんの保護者や先輩も応援に駆け付けてくれたが、その応援も大きな力になったことだろう。ありがとうございました。

  


 5月5日(土)
少林寺拳法部の応援に東京武道館に行く。
朝、足立区の綾瀬駅に降り立つ。東京武道館は歩いて4~5分。ここへはバレーボールや弓道で何度か来ている。この日は少林寺拳法部の応援だが、立場的には来賓としてお招きいただいた。従って舞台上の特等席より観戦ができた。個人、組、団体演武と3種目あるのだが、清瀬は男子の団体演武以外は男女ともすべてに出場。素人の私が見ても、清瀬の生徒は一つ一つの形が決まっている。動きもだが、気合の声もちがう。試合結果に対する選手それぞれの達成感は違うのだろうが、全体的には日頃の練習の成果が十分に発揮できていたんだろう。
結果は男女とも昨年度に引き続き総合優勝を獲得し、関東大会とインターハイへの出場を決めた。私は来賓として優勝者への賞状授与の大任を任されたが、男女組演武と女子団体演武、そして男女総合優勝の賞状を本校生徒に渡すことができた。おめでとう。

 

5月6日(日)
女子ハンドボール部の応援に府中総合体育館に行く。
日曜日は朝からとても良い天気だった。府中総合体育館のある府中郷土の森に到着すると、連休最後の日曜日を公園で過ごそうという人たちで一杯だった。体育館に到着し、男子部員達と観覧席で応援した。ハンドボールは鐘や太鼓の鳴り物を使っての応援がOKとのこと。生徒たちに交じって必死に応援した。序盤から相手の文大杉並にリードを許してしまい、そのまま力を十分に発揮できないまま試合は終了。勝った方のチームが関東大会に出場できる試合であったが残念だった。でも結果的には東京都第6位である。これはとてつもなく凄いことだ。この試合は残念だったがここまでよく頑張った。
この日、生徒たちの頑張りに刺激された私は、家に帰って娘と共に近所のジムに行った。試合の応援はそれで楽しいが自分で汗を流すこともやっぱりいいものだ。

 
〒204-0022 東京都清瀬市松山3-1-56(最寄駅:西武池袋線 清瀬駅徒歩7分)
電話 : 042-492-3500 ファクシミリ : 042-491-9491
アクセス