印刷

美術部中央展と長崎・佐賀物産展、そして全国大会出場(301217)

美術部中央展と長崎・佐賀物産展、そして全国大会出場(301217)

15日土曜日、朝から上野公園に行ってきた。目的は東京都美術館で開催されている第29回中央展を観るためである。ここには本校美術部の生徒たちの作品も展示されている、
 
朝から天気が良く、雲ひとつない真っ青な空。朝10時前に着いたのだが上野公園は人が多い。私はまっすぐ東京都美術館に向かう。途中右手に大きなテントが立つ。見ると『長崎県・佐賀県の物産展』と書かれていた。10月末に修学旅行で訪れたばかりで懐かしく思った。
 
東京都美術館に入るとこれまたすごい人である。その人々の目的は『ムンク展』。長蛇の列の最後尾には“40分待ち”と書かれていた。私はその行列の横をすり抜け特別展示室へ。特別展示室に足を踏み入れると壁いちめん高校生の作品が広がる。ムンクにも負けない力作ばかりである。目を凝らしながら足を進めると、二つ目の部屋に入ったところに清瀬高校生徒の作品が並んでいるスペースを発見。このスペースは特に輝いて見えた。ここまでたどり着く間に観てきたどの作品より光っていた。特にこの中でも何点かには目が釘付けになる。「今年も中央展の結果が楽しみだ」と思った。
 
東京都美術館を出て上野駅に向かう。途中、気になっていた物産展のテントに立ち寄る。カステラなどのお菓子や海産物等が並ぶ一角に人だかりができていた。覗き込むとコーヒーの試飲。コーヒーを売っているかと思いきや、有田焼きのセラミックフィルター(コーヒーやお茶をこす素焼きのフィルター)の販売だった。紙のコーヒーフィルターが必要ないとのこと。面白そうなので買ってしまった。
 
それから学校に戻り、午後の個別相談会を済ませ帰宅。早速、買ってきたセラミックフィルターでコーヒーを入れて飲んでいた時、宮澤副校長先生からのメールが届く。「本校生徒の作品2点が全国大会へ出展されると決まりました。東京都教育委員会賞10点のうちの2点です」との内容だった。このコーヒーの味は最高だ。
 
〒204-0022 東京都清瀬市松山3-1-56(最寄駅:西武池袋線 清瀬駅徒歩7分)
電話 : 042-492-3500 ファクシミリ : 042-491-9491
アクセス