印刷

清瀬高校の生徒は素晴らしい

清瀬高校の生徒が素晴らしい(021118)

14日土曜日、2回目の学校説明会を行った。おかげさまで286名の中学生とその保護者の皆様にご来校いただいた。ありがとうございました。
 
冒頭の挨拶で、「清瀬高校はとにかく良い学校です。何が良いかといえば、それは生徒たちです。本校の生徒たちは何事にも一生懸命取り組むことができる生徒たちばかりです。生徒が輝いている学校です。また、その生徒たちの夢の実現を支援する先生方も熱心で素晴らしい方ばかりです。」と清瀬高校の素晴らしさを伝えた。その後、今の教育が大きく変わろうとしている中で、清瀬高校がその変化に対応するためにどんな取り組み(5つの目指す学校像)をしているかについて説明をした。説明が終わると会場内の半数位の方々から拍手をいただき、多くの方々に私の気持ちが伝わったことを実感した。
 
その後は学校生活や来年度入試の説明、学校紹介ビデオの上映と順調に進み、最後に生徒会長の大野君からの学校紹介があった。他の高校にはない清瀬高校の良い点ベスト3と自分が受けた推薦入試の体験談を話してくれた。さらに中学生に向けこんなメッセージを伝えてくれた。
 
「具体的な想像が現実を身近なものにすることがあります。想像してみてください。来年この場所で輝いている自分を、昇降口で靴を履き替えている自分を想像できればそれは現実になります。今は何も見えない中にいるように思えるかもしれませんが、努力を怠らず、進み続けていけば、今の想像が現実になります。最後にちょっとしたアドバイスをさせてください。あるビジネスマンの言葉を3つ紹介します。
『身体は食べたもので作られる』
当たり前ですが皆さんの身体は食べたもので作られています。それはほかならぬご両親のおかげです。受験に向けては親子でイライラするときもあるでしょうが、どんな時でも感謝の気持ちをもって受験期をうまく過ごしてほしいと思います。
『心は聞いた言葉で作られる』
受験に向けては、周りの環境を大事にしてください。“受かる気がしない”とか“あきらめようかな”などとマイナス的な言葉の近くにいませんか?そんな環境にいると自分もマイナス、つまりネガティブになってしまいます。受験期だけでなく、少なくとも何かに挑戦するときは自分の心をつくる周りの言葉に注意してみてください。

『未来は話した言葉で作られる』
自分の未来は自分が話した言葉で作られます。受験に向けても希望やポジティブな感情を口にしてみてください。自分の目標や夢を具体的に想像し、言葉にしてみてください。」
 
大野君の話が終わると、会場全体から一斉に大きな拍手が起こった。やっぱり清瀬の生徒は素晴らしい。

 
〒204-0022 東京都清瀬市松山3-1-56(最寄駅:西武池袋線 清瀬駅徒歩7分)
電話 : 042-492-3500 ファクシミリ : 042-491-9491
アクセス